筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下を

 

きたす神経変性疾患で、運動ニューロン病の一種。

 

有効な治療法は確立されておりません。

 

 

 

 

施術内容・効果

 

 

進行段階により、さまざまな症状が出てきます。

 

 ※足が上がりにくい・つまづく回数が増える・足に力が入りにくい

 

 ※歩ける距離が短くなってくる・腕が上がりにくくなってくる

 

 

 

マッサージにより、一時的に体が動かしやすくなります。

 

 ※歩行しやすくなる・衣服の着脱が楽になる・便秘が改善される

 

 ※指先、手足が動かしやすくなる

 

 

 

ご自分で体を動かす事が出来ない為、関節が固くなるのを改善・予防致します。

 

 

 

1.ALSの進行を遅らせる作用のある薬:リルゾール(商品名 リルテック)

 

  という薬が日本でも承認されました。

 

 

 

2.対症療法(様々の症状を軽くする方法)

 

  1)ALSにともなって起こる筋肉や関節の痛みに対しては
    毎日のリハビリテーションがとても大切です。

 

 

  2)体の自由が効かないことや、病気に対する不安等から起こる不眠には
    睡眠薬や安定剤を使います。

 

 

  3)呼吸困難に対しては、鼻マスクによる非侵襲的な呼吸の補助と
    気管切開による侵襲的な呼吸の補助があります。

 

 

  4)のみ込みにくさがある場合には、後に述べるような食物の形態を
    工夫(原則として柔らかく水気の多いもの、味の淡泊なもの、
    冷たいものが嚥下しやすい)する、少量ずつ口に入れて嚥下する、
    顎を引いて嚥下するなど摂食・嚥下の仕方に注意
    することが有用です。

 

 

 

    飲み込みにくさがさらに進行した場合には、
    お腹の皮膚から胃に管を通したり(胃ろう)、
    鼻から食道を経て胃に管をいれて流動食を補給
    したり、点滴による栄養補給などの方法があります。

 

 

 

    現在は「胃ろう」で栄養補給する方法が一般的です。


トップ ケアマネジャー様へ ご家族様へ 料金 訪問エリア