胃がん術後

原因

 

成因は明らかではありませんが、危険因子として

 

ニトロソアミンの摂取やヘリコバクター・ピロリ菌の

 

感染などの関与が考えられます。

 

 

 

 

症状

 

初期は無症状であり、検診による早期発見が

 

重要になってきます。

 

進行すると食欲不振、上腹部痛、嘔吐、体重減少

 

吐血、下血、貧血などの症状が出て来ます。

 

 

 

 

治療

 

廃用症候群と同様で胃癌の治療を最優先にするため

 

日常生活動作が著しく低下します。

 

 

筋力低下、関節拘縮が進行し歩いて入院された方が

 

起き上がりもままならない状態になることもあります。

 

 

退院後は関節拘縮改善、筋力増強、血行促進を主に行います。

 

 

食欲減退する方もいるのでマッサージを行うことにより

 

食欲増進に繋がることもあります。


トップ ケアマネジャー様へ ご家族様へ 料金 訪問エリア