坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、筋肉の機能低下により脊椎の運動制限により

 

神経の圧迫をうけ、阻血(そけつ)や欝血(うっけつ)状態を

 

いいます。

 

筋肉の機能低下ですが医者は健全な骨の治療をします。

 

レントゲン・MRIの所見などで識別されることが多ですが

 

原因を特定できないケースもあります。

 

姿勢と骨盤前傾矯正治療をし、運動治療をすれば治る。

 

痛いから動かない、は厳禁。一層悪化させます。

 

厄介で非常に怖い病気ではありますが症状を改善させるには

 

マッサージ、鍼灸治療が有効です

 

 

 

 

坐骨神経痛の治療方法について

 

坐骨神経の通過点で、腰部、臀部(おしり)、太ももの後ろの

 

筋肉周囲で筋肉が硬くなり神経圧迫を受けている部分を

 

マッサージ、鍼灸で柔らかくします。

 

神経の圧迫が取れると痺れ、痛みは改善します。

 

生活習慣により誰もが左右のどちらかを使う癖があります。

 

それに伴い片寄った姿勢が一部分の筋肉の負担につながり筋肉が

 

硬くなり、神経を圧迫し坐骨神経痛の原因になります。


トップ ケアマネジャー様へ ご家族様へ 料金 訪問エリア